スポンサードリンク


タカコ・ナカムラさん 【トマトの炊き込みごはん】


ベジブロスを使ったトマトの炊き込みごはんのレシピを、タカコ・ナカムラさんに教えて頂きました。

【材料】(4人分)

タカコ・ナカムラさん 【トマトの炊き込みごはん】.jpg米 2合
ベジブロス 規定量
ドライトマト 適量
タマネギ 2/3個
干しマイタケ 適量
オレガノ(ドライ) 少々
白たまり 大1
塩 小1
酒 小2
オリーブ油 小2

【作り方】

1.タマネギはみじん切りにしておく。
2.フライパンにオリーブ油を入れ、1.を炒め、透き通ってきたら米を入れて炒める。
3.炊飯器に2.と調味料、刻んだドライトマト、干しマイタケを入れ、ベジブロスを規定量まで入れて炊く。


ホールフードスクール講師:タカコ・ナカムラ さん
「ベジブロスは野菜のスープストックの事です。私は、野菜の皮や根、切れ端を使って作っています。」

順天堂大学大学院 加齢制御医学講座 白澤卓二 教授
「野菜の茎、皮、切れ端には、フィトケミカルという栄養素が豊富に含まれています。フィトケミカルは、野菜が紫外線から守るために作りだした色の成分であったり、外敵から守るための苦みや香りです。」

抗酸化力があるフィトケミカルは、免疫力アップ、老化防止、美肌効果などが期待できます。

30代と40代の方で300ccのベジブロスを飲む前後で、抗酸化物質量を測定してみた結果、ぐっと抗酸化力がアップしました。

基本のベジブロスの作り方をタカコ・ナカムラさんに教えて頂きました。

■ 基本のベジブロス

【材料】

ベジブロス野菜の切れ端 両手一杯
水 1.3リットル
料理酒 小1



【作り方】

1.鍋に水をはり、よく洗った野菜の切れ端を入れる。
2.料理酒を加え、臭み消しにする。
3.弱火で20〜30分煮込む。(アクもとらないでOK)
4.ざるなどで濾して完成!
※冷蔵庫で3日程度保存可能、冷凍保存もOK

ベジブロスの材料今回の講座で作ったベジブロスの材料
・タマネギの皮、根 ・ネギの根、葉 ・パプリカのヘタ ・ニンジンのヘタ ・カボチャの種 ・ゴーヤの切れ端 ・シイタケの軸 ・セロリの葉 ・パセリの茎

※タマネギやパセリの軸など、香りのある野菜を入れると良い
※なすの皮やへた、紫キャベツなどを入れると、色が悪くなるので、注意。色が悪くなってしまったベジブロスは、カレーなどに活用するのがお勧め。
※できれば、安心、安全な野菜を使うのがお勧め。
※りんごの皮や芯などのフルーツを入れてもよい。


スタジオの試食では、具なしでベジブロスのみで炊いた炊き込みご飯の試食をしていましたが、それだけでも好評でした。粉チーズをトッピングすれば、洋風に、塩昆布をトッピングすれば、和風の味わいが楽しめます。

■ 紹介した本
【送料無料】ベジブロスをはじめよう。 [ タカコ・ナカムラ ホールフードスクール ]


スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/355196316
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。