スポンサードリンク


梁久美子さん 【ダイエットスープ】

はなまるでおなじみの達人主婦・梁久美子さんが今年に入ってなんと10kg以上減量。

達人主婦:梁久美子さん
「始めからダイエットしたいということではなかったんです。老化とか病気を未然に防いで、健康に暮らしたかったんです。あるものを食べたら必然的にやせたんです。」

健康を考えて梁さんが食べ始めたものが“野菜スープ”。実はいま野菜スープは、脂肪燃焼スープ・デトックススープとして、そのダイエット効果が注目されています。

<やせるポイント>
野菜を食事の始めに食べる
※炭水化物まで10分あけると理想的

東京逓信病院 内科部長:川村光信先生
「野菜には食物繊維が非常に多く含まれていますので、野菜を先に食べると食物の吸収が抑えられて血糖値の上昇も抑えられるのでインスリンの分泌が少量ですむ。インスリンがたくさん出ると太りやすくなります。」

野菜をスープで摂るというのも重要なポイント。栄養のプロもそのすばらしさを認めています。

女子栄養大学 栄養クリニック 管理栄養士:林昌子さん
「スープにして加熱すると量が減るので一食でとても野菜が食べやすくなるんです。」

紹介した本
女子栄養大学 栄養クリニック きれいにやせるダイエットスープ


【材料】(7〜8杯分)

t_20120904-1.jpgニンジン  100g
タマネギ  100g
キャベツ  100g
シイタケ  100g
シメジ  100g
ブロッコリー  100g
ミニトマト  100g
水  1リットル
続きを読む

スポンサードリンク

真夏のはなまるザ・ベストレシピ 【ダイエットスープ】

(2012年1月24日放送「冬太り解消SP!やせる生活習慣」) アクセス数653,543

管理栄養士・ダイエットコーチ:森川有子さんにレシピを教えて頂きました。
足りないビタミン・ミネラルを補って代謝UP!美味しくて簡単作りおきも出来るスープです。

<やせる生活習慣とは?>
栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質)を燃焼させエネルギー源にする(代謝させる)ためには、ビタミンやミネラルを摂取しなければならず、つまり野菜をしっかり摂らなければやせない。
やせる生活習慣とは、野菜をしっかり摂る生活習慣に変えて、太りにくい体になること。

【材料】(10杯分)

真夏のはなまるザ・ベストレシピ 【ダイエットスープ】キャベツ 1/2個
タマネギ 4個
ピーマン 3個
ニンジン 1本
セロリ 1本
ホールトマト 1缶
干しシイタケ 4枚
桜エビ 少々
ニンニク 1片
唐辛子 少々
コショウ 少々
水 1リットル
続きを読む

スポンサードリンク

梁久美子さん 【冷凍トマトの味噌汁】

トマトは、生のまま冷凍できる野菜です。
冷凍したトマトは、生のトマトよりも旨みも増すので、食材が痛みやすい季節や、たくさんあるときは、冷凍するのもお勧めです。

トマトの酸味が味噌とあい、オリーブオイルも味噌汁には意外ですが、相性がいいです。
夏に美味しく飲みやすい味噌汁です。

トマト、キノコ、もやし、薬味は、生のまま冷凍できます。
使う時は、解凍せず、そのまま、加熱調理に使います。

【材料】(2人分)

梁久美子さん 【冷凍トマトの味噌汁】和風だし 400cc
みそ 大さじ2
(オリーブオイル 大さじ1は、お好みで)

−A−
冷凍ミニトマト 6個
冷凍ミックスきのこ 20g
冷凍たまねぎ 20g
続きを読む

スポンサードリンク

フェンシング太田選手を育てた驚きの食生活 【父の特製トマトスープ】

品数を増やして栄養バランスをよくメダリスト太田雄貴選手を支えたのは、父・義昭さんの手料理。
五輪メダリストを育てた食事のポイントは、品数を増やして栄養バランスをよくすることにありました。

お父さん自慢のトマトスープを、教えていただきました。

【材料】(4人分)

フェンシング太田選手を育てた驚きの食生活 【父の特製トマトスープ】合いびき肉 200g
トマト 5個
ナス 3本
水 1.5L
塩・コショウ 適量
続きを読む

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。